スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なもの

凄い揺れでした。

あのような揺れは生まれて初めて経験しました。

地震が発生した時、私は職場の1階にいました。
揺れ始めの瞬間は、「お、結構大きいな」という程度の感覚でした。
水戸では軽い震度の地震は普段からよく起こっていましたので。

それが一向に治まる気配なく、より激しさを増してくると、多くの方達が避難し始めました。
私は不思議と心が安定していました。
同じく避難せずに残った人達とで、取り残された方がいないか確認したり、出火の原因になりそうなものの電源を落としたりと、慌ただしくも冷静に行動する事ができました。

大きな余震が続きつつも、本震の影響が落ち着いた隙に、階段を駆け上がって、10階の仕事場をチェックしに行ったところ、ありとあらゆる物がひっくり返っていました。
1階ではあまり大きな被害はありませんでしたので、やはりビルの高い所は揺れが大きいという事を身をもって体験しました。

翌朝まで職場でいろいろと作業して、徒歩十分のアパートに一旦帰宅したところ、部屋の中が職場の10階と同じ状態になっていました。
勿論、停電の上、断水。
余震が頻繁に起こるので、倒れたタンスや棚はそのままにしてベッドで仮眠をとり、また、出勤。

その翌日、13日にようやく倒れたタンス等を立て直しました。
今や電気も回復し、水道も復旧しています。

しかし、私の居住している一画は、何故か電気と水道の復旧が周囲より遅く、帰宅しても、明かりもなければ、テレビも付かず、トイレも使えず、シャワーも浴びれない状態が少し長く続きました。

勿論、今なお、そのような不自由な状態にある東北地方の方々や茨城県の一部の方々に比べると、既に復旧した私は大変に恵まれています。

しかしながら、その電気も水道も使えない生活を少しでも経験する事で、大切な事を幾つも再認識する事ができました。

『水』は大切です。

まず、「飲料水」を入手する事がとても困難でした。
しばらくは、コンビニに並んでも、お茶なども当然なく、手に入るのはコーヒーとかジュース系のものしかありませんでした。
喉を潤す飲料がなければ、身体はもちません。

次に「トイレ」。
ほとんでが水洗であるトイレ。
水が出なければ使えません。

「お風呂」。
何日も入れずにいると、疲れがなかなかとれません。


『電気』は大切です。

まずは、「照明」。
町が停電していると、部屋の中は本当に真っ暗。
文字を読む事ができないどころか、足元もままならない。

「テレビ」が見られない事も重大です。
多くの情報はテレビを通じて発信されます。
それが見れないとなると、周囲はどのようになっているのか、今後どのような事が起こる可能性があるのかなどを知る事ができません。

そして、この時期ならではの「暖房」。
私の部屋の場合、暖房はエアコンしかありませんので、それが使えないとなると暖房はゼロです。
私は、寒くなれば身体を動かして自発的に暖をとり、いざとなれば布団を被って寝てしまえば平気なので問題ありませんが、ご家庭をお持ちの方やより寒い地方の方にとってはかなり辛いものと思います。


『食』は大切です。

今はやっとスーパーも通常営業を開始し、食に困る事はなくなりました。
しかし、発生した後、しばらくはお店は閉まっている所がほとんどで、開いていても長蛇の列が。
ほとんど、お腹に溜まるようなものはなく、私は「グミ」や「飴」をとりあえず購入しました。
一度、コンビニに並んでいたところ、配送のトラックがパンを運んできて・・・
その時の皆の喜びようはとても印象深かったです。


これら『水』『電気』『食』は、普段私達の生活の中に当たり前のように存在しているものです。
大切だという知識はありますが、そんなに考慮しては生活していません。

ところが、現実に、これらのものが一挙に取り上げられてしまうという状態になった時に、その大切さを本当に痛感します。
これら『水』『電気』『食』などがあって、私達は生かされていたのだなと思い知らされます。

しかし、このような状況の中で、これらとは別の、煌々とした大切なものを発見する事ができました。
『水』を失い、『電気』を使えず、『食』にもありつけない状況で、かえってよく見えるようになったもの。

それは『人』です。

地震の最中に、他の人の身を案じ、行動する「人」。
食糧入手の困難な状況の中で、他の人を心配して、自分の水や食糧を分けてくれる「人」。
心配して、電話やメールで励ましや援助の言葉を送ってくれる「人」。
開いているお店やガソリンスタンドの情報を知らせてくれる「人」。

これらは『水』『電気』『食』を奪われても残った大切なもの。

『人』はとても大切です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無事で何よりです。

こちらも特に問題ありませんでした。

色々不便はありますが、被災地の方々に
比べれば、微々たるものです。

お互い頑張りましょう!!

Re: No title

ありがとうございます。

仰るとおりですね。
力強く頑張ってゆきましょう!

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。