スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつひとつを丁寧に。

今回は私が好んで修行している中国武術「八卦掌」についてお話ししたいと思います。

私の八卦掌は、師である趙玉祥老師より学んだ「九宮八卦掌」と呼ばれるものです。

日本でも著名な「少林寺」、すなわち仏教系武術に対して、「八卦掌」は道教系武術とされていまして、その理論については道教思想が多く含まれています。
私の派の冠する「九宮」という言葉自体、中国哲学や道教で使用されるもの。

他派の八卦掌と同じく円を巡りながら技を行いますが、打法(使用法)が比較的明確なのが特徴のような気がします。

練習内容は、円や「8」の字を巡りながら、特定の姿勢や動きを繰り返す「走圏」と呼ばれる基本練習から入り、「九宮八卦掌」の本体である第一掌~第八掌を学んでゆきます。
第一から八までの各掌は、それぞれ8つの技から構成されていて、合計64の技が含まれています。

下の動画は第一掌を私が演じたものです。


まずは、老師の指導の下、8つの技の各動作と順序を覚える事に集中します。
それがある程度できるようになったら、各技を分解し、それぞれを「丁寧に」練ってゆきます。
これについては老師は一々指導されません。
学ぶ者が当然の事として、個々の技を充実させるべく、工夫しながら自主的に取り組むのです。

八卦掌は、留まることなく、流れるように動く武術ですが、一つ一つの技をしっかりと身に付けておかないと、単なる「踊り」になりかねません。
そうして、丁寧に練られた一つ一つの技を繋げて練習してゆくと、順を覚えるためだけに行った最初の連続動作とは異なり、安定し、術理にかなった流麗な動作となるのです。

また、こうして一つ一つの技をきちんと練習しておくと、この後の段階、「応用変化」が可能となってきます。
「この技」の次は「この技」というような順番から抜け出し、様々な技を自由に組み合わせて、自然に表現できるようになる為には、ぜひとも必要な練習です。

「ひとつひとつを丁寧に」

時間が慌ただしく過ぎてゆく現代では、なかなか馴染み難い練習ではありますが、こういう時代だからこそ、このような心持、このような時間を持つべきだはないかと私は思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。