スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺社観光・・・彫刻編

先日、初めて「柴又・帝釈天」に行ってきました。
そう、映画「寅さん」の舞台である「題経寺」です。
帝釈天

JR金町駅よりテクテク歩いて、門前町へ。
草もちやおかき等、和のフードのお店が軒を並べており、誘惑に駆られながらも題経寺へ到達。
境内には沢山の参拝者がいらっしゃいました。

実は、私は森や海などの自然散策以外にも、神社やお寺を巡るのも結構好きなのです。
草木や水、石などの自然を上手く取り込んだ境内や、木造を主体とする日本建築・・・自然との調和が根底にあるような感じがして、興味がそそられるのと同時にとても落ち着きます。
獅子と陽光

そんな寺社観光の私の見るポイントの一つは・・・「彫刻」。

門や御堂の壁面を飾る、獅子や竜、象や鳥などの動物たち。
伝説の1シーンなど、ストーリー性をもった壁画的なもの。
様々な彫刻を目にする事ができますが、どれもとても素晴らしい!
緻密で繊細、それでいて豪快な勢いを感じることもできる・・・樹木という素材の影響もあるのかも知れませんが、皆、生命力に溢れています。
竜と獅子

お寺や神社の観光では、「お参り」は勿論メインとして、その他にも、「仏像・神像・寺宝」や「お庭」の観賞、おみくじ、名物フードなどなど、沢山の楽しみがあります。
皆さんも天気の良い日のお出かけ先の一つとして、ぜひ行ってみて下さい。
そして、その折には、門を見上げて、或いは、御堂の側面に回り込んで、「彫刻」達に目をやってみて下さい。
ジッと見てると、その生き生きとした佇まいに、きっと少なからず感動すると思います。
双竜






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。