スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「受け」をとること

「受けをとる」

武道・武術を修行した経験のある方はご存知かと思いますが、技の使用方法を披露する際に、その相手役となる事をこのように言います。
打法の受け1
「型」を演武する際や技の使用方法を説明する際に、技を決められる役の事です。

武道・武術の練習というと、ついつい「技を決める」練習のみに傾注しがちですが、実は「技を受ける」経験には非常に多くの学ぶべき事が含まれています。
打法の受け2
老師の技を受ける事によって、その技の効果や力の方向、意識の状況などを自分の身体を通して直接感じ取る事ができます。
それはすなわち、自分が技を行う場合、相手に与える影響になる訳です。

例えば1本の「突き」を考えた場合。
ひたすら「突き」の練習を繰り返して「威力」を養成するとともに、実際に相手に当てる際の角度、タイミング、効果などを「受け」を通して得た経験を元に考えに入れた練習を行う・・・
「能動的」と「受動的」の双方向的な練習を行う事によって、より厚みをもった修行が行えます。
打法の受け3

但し、この「受けをとる」修行には、幾つかの注意点があります。

まずは、自我を捨て、相手の技を感じ取る事に集中すること。
打たれるとなると、どうしても緊張して強張ったり、抵抗したり、また、少し避けようとしたり・・・。
こうなると、相手の技を十分に感じ取る事ができないばかりか、却って怪我をしたりします。

相手の力の方向に抵抗する事なく、そのまま身を任せる。
この意識を持たなければなりません。
こうした練習は、技を学びとる際に効果的なだけでなく、実際に相手と相対した際に相手の動きに意識を集中する練習にもなります。

次に、もう一つ注意点を挙げると・・・打たれ強さの養成です。
如何に相手が手加減してくれていようと、ある程度の衝撃は受けます。
部位によっては・・・例えば胃や下腹部や頭部など・・・加減されていても受ける影響が大きい場合もあります。
また、倒れる場合には、板の間など固い床では、そこそこの衝撃があります。

「避ける」練習でなく、「受けをとる」練習の場合、こうした身体に及ぼされる衝撃に耐えられなければなりません。
身体を強張らせず、且つ、「衝撃」に耐えるには、外部から内部への筋肉の引き締めだけでなく、内部からの圧力、すなわち「内功」による内側から外側への「張り」が必要になってきます。
打法の受け4

武道・武術に限らず、広く諸事において、積極的に「行う」学習と、受動的に「感じる」学習・・・その両方が必要であるように私は感じます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも、石岡の井上です。
DVD撮影おつかれさまでした。
先生が良い撮影だったと言われてました。
いろいろと準備された小幡さんのおかげですね。
また来年もよろしくお願いします。

Re: No title

おばたです。

二日間にわたる朝から晩までの撮影で、老師も大変お疲れになった事と思います。
しかしながら、老師の「伝えたい」という強い想いにより、妥協のない撮影になったと感じております。

老師は勿論のこと、スタッフの方々や小川さんのご助力のおかげで、無事撮影を終える事ができました。
まだ、編集作業等がありますが、とりあえず、ホッと一息です。

私の方こそ、来年も宜しくお願い致します。
【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。