スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旺龍堂YouTube動画 「八卦掌・打法集Vol.11~推磨掌~」 公開!

旺龍堂のYouTube動画サイト(3spiritsryoken)へ本年最後の新たな動画をUP致しました!

タイトルは、
「八卦掌・打法集Vol.11~推磨掌~Baguazhang Fight 11」
です。


今回の動画は、九宮八卦掌の基本練法「定勢八掌」のうちの一掌、
「推磨掌」
の打法への展開を例示致しました。

「推磨掌」は、八卦掌を代表する姿勢であり、
活歩練習(円周を独特の歩き方で巡る練習方法:走圏)
において、円の中心(柱状のもの)に対して最も強い集中力を発揮する姿勢です。

腰を回転させて両掌を振り出しますが、この際に両手刀部が円の中心に向くようにします。
これによって、円の中心への集中力を増します。
脚は円周上を巡っていても、腕と顔と意識は円心に強く向けられています。
円の中心に自分が同化するような感覚で行います。

本動画で紹介致しました打法は次のようなものです。

①相手の突きに対して、その外側に踏み込んで躱しながら、振り出した手刀によって相手の頭部を側方から打つ。

②相手の突きに対して、その外側に移動して同化し、相手の脇から差し入れた腕を振り出す事によって相手を後方へ倒す。

③相手の突きを振り出した掌にて下方へ逸らせながら、その外側へ身を移動させる。

④推磨掌の前段に行う「葉底蔵花」という技にて、相手の蹴りを躱しながら、相手の背後付近まで大きく移動し、振り出した手刀にて相手の後頭部を打つ。

⑤相手の突きに対して、側方に躱しながら、死角(相手の腕の下方)から振り出した手刀で相手の顔面を打つ。

「推磨掌」は、訓練においては集中力をよく養い、
実戦においては「崩し」「受け」「打ち」「投げ」「フェイント」「関節取り」など
様々な使用法を有する、まさに八卦掌の「看板技」です。

さて、年内のYouTube動画のUPは以上になります。

また「九宮八卦掌」の基本練法「定勢八掌」の実戦への展開を例示した動画につきましてもこれが最後になります。

来年にはまた新たなシリーズの動画を撮影し、どんどんUPしてゆくつもりです。
何かの参考にして頂ければ幸いです。
来年も宜しくお願い致します。

旺龍堂代表
小幡良祐(おばた りょうすけ)

旺龍堂ホームページ http://ohryudo.com/
YouTube動画 http://www.youtube.com/user/3spiritsryoken
Facebook「小幡良祐」「旺龍堂」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。