スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”対練” ~共に学ぶこと~

私が、恩師、趙玉祥老師より学んだ”山西派車氏形意拳”には、”対練”、すなわち、二人一組の相対練習が多数伝承されております。
いわゆる”約束組手”のようなものです。

この”対練”は、勝ち負けを競うものではなく、互いに自己の技量を高め合う為のものです。

例えば、どちらか一方が”勝ち”にこだわって、相手の状況などお構いなしに、相手を圧倒するが如く激しく攻め立てたとしましょう。
その結果、相手は手も足も出ずに、見た目の上では攻め手が”勝った”ように見えるかも知れません。

しかし、そのような姿勢のみで対練を続けていると、相手の状況や反応を感じ取る”感受性”や、相手の変化に対する”対応力”が身に付きません。

これでは、”単練”、すなわち、一人練習しているのとあまり変わりはありません。
折角、相手がいてくれるのですから、もっと多くの事を学ぼうとする謙虚な姿勢が必要となります。

”相手”=”勝ち負け” とせず、”相手”=”学び” とする考え方が良いように私は思います。
相手がいてくれる貴重な機会を自己の学びの場と考え、自己を高めてゆく事。
そうした考えを持った者同士が手を合わせ、互いに学び合い、高め合う修練方法・・・それが”対練”であると考えています。

また、もっと大切な事。
”相手がいてくれる”からこそ、対練という自己を高める練習ができるのです。
自己を高める手助けをしてくれる相手に対して、”感謝の気持ち”を持つ事。
互いを尊重し合う心。
これは、武の大切な部分・・・”徳”を育てる事に直接的に繋がります。

”対練”は、”技”と”心”を練る修練なのです。

以下の動画は2009年に撮影したものです。

YouTube動画(3spiritsryoken)
「打四寸」


旺龍堂代表 小幡良祐
 
Facebook 「小幡良祐」「旺龍堂」
旺龍堂ホームページ http://ohryudo.com/
ブログ「竜舞の森」 http://dragonintheforest.blog136.fc2.com/
YouTube動画    http://www.youtube.com/user/ 3spiritsryoken
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。