スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「武術的身体操作法」 YouTube動画公開

「武術的身体操作法」についてYouTube動画へアップ致しました!

武術は、「戦闘」という究極的なシチュエーションの中において成果を挙げるべく、
「如何に効率良く身体を活用するか」
という命題を持っています。

そこで培われる身体操作法は、人間の身体能力を効果的に発揮するエッセンスに富んでいます。
通常の生活では、なかなか気づけない効果的な身体活用術。
そこには、身体に秘められているスペックを十分に活用する知恵が詰まっています。

今回の動画の身体操作上の要素は次のとおり。



動作1:「腰を浮かす」・・・脚の力ではなく、腰を宙に浮き上げる感覚で行う。
  形意拳の十二形のうちの「龍形」の動作を一部利用した運動。
  脚の力で飛び上がろうとせず、
  腰並びにそこから上にある体幹部が宙に浮き上がる感覚をもって行います。
  脚は腰の動きに従い、自然に巻き下り、自然に伸びます。

動作2:「体軸の確立」と「意識の活用」・・・体軸を通した状態で回転方向へ意識を向ける。
  八卦掌の擺扣歩を利用した運動。
  八卦掌の基本歩法である「擺歩」と「扣歩」を練習した上でできるだく小さく回転する。
  まずは、体軸がしっかりと通っている事が重要。
  次に、足を動かそうとは考えず、ただ意識を回転方向先へと向け続ける。
  そうすると、身体は自然に回転し始め、足は自然についてくる。
  意識で体をコントロールする一例。

動作3:「腰を浮かす」・・・腰を瞬間的に浮かし、脚を自由にする。
  日本武道で行う「正座」からの蹴り。
  技としての効果を求めているのではなく、腰をフッと浮かす事と、
  その際に脚を力ませない事を学びます。
  脚で腰を浮かそうとか、脚に力を込めて蹴り出そうとか考えると、
  脚が力み、スムーズに蹴り出す事ができません。
  
このように、力を入れるべき箇所と抜くべき箇所を明確にし、意識でコントロールする事は身体を操作する上で、とても重要な事なのです。

旺龍堂代表 小幡 良祐 RYOSUKE OBATA

旺龍堂ホームページ: http://ohryudo.com/
YouTube動画: http://www.youtube.com/user/3spiritsryoken
Facebooku: 「小幡 良祐」「旺龍堂」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。