スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚の活用 ~中心から動かす~

例えば、歩を進める時。

普通ならば、何も気にせず、重心の移動に伴って、足が振り出ています。
単に「移動する」という為であれば、これで十分事足ります。

しかしながら、武術的な身体使いでは様々な要求が加えられます。

・素早い移動力
  素早く移動しなければ攻撃も防御も叶いません。
・遠くへ伸びる移動力
  相手の懐深くに攻め込みます。
・力強い移動力
  移動しながら相手に接触し、これを崩します。
・変化力
  状況の変化に応じて、臨機応変に歩を変化させます。
・踏み込む力量
  地への強い踏み込みは、強い反動力を地に生じさせ、
  それを活用する攻撃力を増大させます。
・体幹部の安定性
  身体の主要部である体幹部の安定性が常に保持されなければなりません。

これ以外にも文章として挙げ始めれば、沢山の項に及びます。
これ程「脚」の活用法は重要であり、その為に「工夫」が凝らされています。
歩法1

私が指導する際のポイントの一つに、
「人が発信するものは体幹から生ずる」
というものがあります。

体幹の中でもさらなるメインは「腰周り」。
つまり、「腰背部」と「下丹田」からの発信。

よく言われるのは「腕の活用法」です。
突きは「肩(私の指導では肩甲骨)」→「肘」→「手首」という順に力を伝達するという話。
この事は比較的普及している考え方です。

では、「脚」はどうでしょう?
しかも「蹴り」ではなく、「歩法」という面については?

私は「歩」も同じだと考えます。
歩法2

腰とともに「胯(股関節)」が「膝」を前へ押し出し、「膝」が脛を前へ出し、
さらに「足首(足の甲)」を伸ばして、地を踏む。

これは「八卦掌」・「形意拳」に共通するものです。
「八卦掌」では前足の「平落(足裏が平らの状態で着地する)」は一般的ですが、
私の指導する「形意拳」もやはり「平落」を求めます。

こうする事によって、前述した様々な歩に対する要求を満たす事ができます。
歩法3

上肢と下肢を同じ様に活用する。
これが動作の中での「上下相随(上肢と下肢が同調する)」であると考えております。

踏み込むまでは「人」が主体。
踏み込んでからは「地」が主体の反発力。

このような原理を実際に体を動かす事を通じて、体感し、体現できるようになって頂けるような指導を心掛けております。
歩法4


旺龍堂・指導教室

1.カルチャー教室
 「池袋コミュニティ・カレッジ」
   八卦掌講座:毎週月曜日10:30~12:00
   形意拳講座:第2第4火曜日19:00~20:30
   八卦養気法講座:毎週木曜日10:30~11:40

2.スタジオ教室
   八卦掌教室:毎週水曜日19:30~21:00(新宿)
         毎週土曜日10:00~13:00(新宿)
   形意拳教室:毎週木曜日19:30~21:00(新宿)
         毎週日曜日9:00~12:00(赤坂)
   *注:土曜日と日曜日の教室は12月より構成を変更致します。

詳細は、旺龍堂ホームページをご参照下さい。
http://ohryudo.com/
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。