スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「水」と「生命」

今日は10時から3時間、新宿のスタジオで「八卦掌」を指導させて頂いた後、ダッシュで「池袋コミュニティ・カレッジ」へ行ってきました!

13時半から始まる「セブンシネマ倶楽部」という講座に参加する為。
11月公開の映画「天のしずく」の監督「河邑厚徳」さんを迎え、「近衛はな」さんのナビゲートで、同映画のお話をお聞きするというもの。

料理研究家の「辰巳芳子」さんが様々な食材という「生命」を丁寧に丁寧にスープにしてゆくものだそうです。
食する人を想い、素材を想い・・・作る。
まだ、公開されておりませんので、詳細は分かりませんが、私はそのような感じを受けました。

私が特に感銘を受けたのが、監督さんが「天のしずく」というタイトル名の意味について、

「水は、命そのものである」
「人もその多くは水から構成されている」
「しずくの中に天地が映し出されている」

というお話をされた事。

私も水と生命は最も近しいものと感じます。
水と命1

天と地の間に「生命」はあります。

また、「水」もまた天地の間にあり、天地の間を行き来するものです。

海や川、池などとして「地」にあって、
水蒸気として「天」に上って、空中をたゆたい、
そして、雨雪などになって「地」へ戻ります。
水と命2

それはまるで「水神」である「龍」が天地の間を往還するようなもの。

生き物はすべからく「水」の恩恵の中に生き、自身も水の一部を構成しています。

私が自身の会を「旺龍堂」と命名した事の理由の一つに、
「水」=「龍」=「生命」
とした感覚の中で、
生物としての根源、「生命」を旺盛にしてゆこうという考えがあります。

「水」と「生命」。

その結びの強さへの思い、また新た致しました。
水と命3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。