スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己を滅却 その1

「自己を滅却」

別に自暴自棄になった訳ではありません。

武術の練習において気付いた事です。

意識を自分の心身から完全に切り離し、目標のみに集中する事。
これにより、自分の精神的・肉体的「力み」を可能な限り取り除いて、自在な身体運用を実現できると感じます。

初めは毎日往復する横断歩道の歩行者用信号機に付いている押しボタンでした。
普通は、指を反り気味にして面積を増し、ゆっくりとボタンに指を伸ばし「ベタッ」と押します(多分)。
ある時、何の気なく、「サッ!」という感じで軽快に指先を飛ばしたところ、ジャストヒットしました。
(注:壊れる程、思い切り打ちこんでいる訳ではありませんよ)
そこで、次にの機会にも、またやってみようと思い、「サッ」と指先を出したところ・・・ズレてしまいました。
そこを通る度に、そんな事を繰り返して気付いた事。

「自分の身体を意識せず、意思も持たず、ただ目標を見据えるだけ」

この状態が、最も的確に「的」を捉える事ができるという事が分かりました。
歩を止めずに移動しながらでも、この状態が維持できていると結構ヒットしました。

「身体をこう運用しよう」とか、「外したら指痛いな」とか、「絶対外さないぞ」という考えを持つと、それだけで、身体のどこかに「力み」が生じ、目標物にストレートに到達できません。

心に何も持たず、目標物に自分の意識が乗り移ったように集中すると、不思議とスムーズにそこに至ります。
穿1

穿2

勿論、今は、木やサンドバッグなどを目標物として練習して、信号は普通に押してます。




スポンサーサイト
【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。