スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は「武道」という言葉が好きです。

何故かというと「道」という語がとても日本らしく、また、今の私にはとても大切な言葉に感じられるからです。
中国で言うところの「道(ダオ)」ではなく、日本の「道(どう・みち)」。
”道”遥か

考えてみれば、日本には色々な「道」があります。
茶道に華道、書道に香道、剣道に柔道、合気道などなど・・・。
勿論、流名に「道」の字を用いてなくても、ある技術や芸の習得をもって「道」となしてらっしゃる方々も大勢いらっしゃると思います。

これらの「道」は、何故、「道」なのでしょうか?
何故、各々の技芸を継承する為の技術伝達の法である「術」ではなく・・・。

ここ数年、私はよく、この事について考えるようになりました。
私は沢山あるカテゴリーのうち、「武」というものを選択し、その道を自分のペースで歩んでいます。
まだまだ「道」をどうのこうのと論ずる立場にはない事を十分に理解しながらも、やはり、考えずにはいられません。
”道”を行く

「道」を作り出した方々は、「術」や「芸」を超えた先に、「何か」とても大切なものを見出されたのではないでしょうか?
その「何か」に到達する為の道標として、それを知るに至った過程である「術」や「芸」を修行過程として整えられ、多くの人々がそれに至れる体系を作り出されたのではないでしょうか?

書籍などを読めば、そのあたりの事情はどこかに書かれているのかも知れません。
しかしながら、やはり、かけらながらも「実感」として感じたい。
その想いが強くあります。

その「何か」について、狂おしいくらいに考えたりします。
自分の「術」修行を通して得られる、その先にある「何か」・・・
私の「何か」・・・。

私の歩んでいる道。
今、少しだけ、ほんの少しだけ、行く先を照らす灯が感じられます。
その灯をたよりに・・・また、その道を歩んで行きます。
陽のさす”道”





スポンサーサイト
【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。