スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『春を背負って』を観に行こう!!

映画春を背負って』~6月14日公開~

6月1日(日)夜、私が講師をさせて頂いている【池袋コミュニティカレッジ】において月1回開催される『セブンシネマ倶楽部』が催されました。
私も最前列で受講させて頂きました。
毎回、テーマとなる映画に関わる方をゲストとしてお呼びして、女優・脚本家の近衛はなさんがナビゲートして進行するトークショーです。

今回紹介された作品は、6月14日に公開される『春を背負って』という映画で、ゲストは何と木村大作監督ご本人でした!
木村監督は、通常のゲストは必ず使用するマイクを全く使わず、初めから最後まで地声で通されたのですが、それがまた迫力ある事!
ご本人が仰られていた通り、正に「腹から声を出す」状態でした。

監督の話は、今回の作品に関する事だけでなく、映画製作全般に渡る裏話や、キャメラマンならではのお話、山への熱い想いなどなど、とても興味深かったです。
しかもそれらを面白可笑しく話されるものですから、会場が爆笑状態になる事もしばしば。

『今はこの作品の広報マン』と仰ってましたが、確かに『絶対に観に行こう!』って思わずにはいられない最高のトークショーでした。

帰りに監督自ら手渡しで、参加者全員に『春を背負って・宣伝マン任命書』の名刺を頂きました。感激です!

作品は、家族というもの、人は誰しも何かを背負って生きている事、自分自身の居場所を探している事など、人生についてのテーマを、雄大で美しい山脈を背景に描かれているそうです。

スタッフや俳優さんが実際に3,000メートルまで山を登って、その大自然の中でロケをされたとの事。

その圧巻の映像美は、やはり映画館の大スクリーンで観なければ!
という訳で、御興味のある方はぜひ映画館へゆきましょう!


春を背負って・宣伝マン任命書』を背負った武術家 小幡良祐より

映画『春を背負って』公式サイト
http://www.haruseotte.jp/

スポンサーサイト

映画「黒執事」

昨日、新宿ピカデリーで邦画「黒執事」を観てきました!
とても面白かったです!

原作は知らないのですが、ストーリーも面白かったし、何と言ってもアクションが素晴らしかった!
あまり邦画では見ないスタイリッシュでスピーディーな殺陣!
相手の側面や背後に回り込んだり、懐にスッと入る動作などは、八卦掌や形意拳を彷彿とさせられました。
水嶋ヒロさんの動きのキレも素晴らしく、その醸し出される雰囲気とともに、とても格好良かったです。
思わず身体が動き出しそうになりました。

音楽も壮大な印象のもので洋画のような感覚。
ミステリーで、アクションで、ホラーで、少しヒューマン。
最後まで一気に見られました!

映画「黒執事」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kuroshitsuji-movie/

旺龍堂代表 小幡良祐

路上ライブ拝聴 ~Sword of the Far East~

昨晩、新宿西口にて「Sword of the Far East」さんの路上ライブを拝聴しました!

新宿での夜の「八卦掌スタジオレッスン」の指導を終えた帰り道。
京王線に乗るべく歩いていると、激しいバイオリンの音が・・・。
もしや!と思い、速足で近づいてみると・・・
やっぱり、「Sword of the Far East」さんでした!

実は以前に一度だけ同じ場所で見掛けたのですけれど、その際は先を急いでおり、ジックリと聴く事が叶いませんでした。
以来・・・今度はいつ路上ライブをされるのか気には掛けていたのですが、ようやくユックリと拝聴させて頂きました(途中からですが)。

激しさの中に途切れる事のない流れがあり、まるで激流のような感じす。
身体の中からエネルギーが溢れ出し、周囲に奔流となって流れてゆく感覚。

丁度、「八卦掌」の力強く流れていく様に似ているように感じます。
流れ、翻って、また流れ・・・
激しく、時に繊細に・・・
心も体も全てが一つとなって流れ続ける・・・
その感覚は、まさしく「八卦掌」。

武術と音楽は、結構近いものであると感じた”ひととき”でした。

旺龍堂代表 小幡良祐

「Sword of the Far East」さんのホームページ
http://www.swordofthefareast.com/

映画「ナイトピープル」

本日、新宿シネアートにて、映画「ナイトピープル」を観てきました!

佐藤江梨子さん、北村一輝さん、杉本哲太さんが出演されている邦画です。

登場人物がほぼ全員「何かある」ような個性的な面々で、騙し騙され、人間関係が千変万化する、とても面白い映画でした!

「人間関係・万華鏡状態」

常に状況が変化するので、目を離す事ができず、一気に観終わった感があります。
推理小説を一気読みした爽快感を感じられますよ!

機会がありましたら、観てみて下さい!

ゲキ×シネ 髑髏城の七人!!!

一昨日、新宿バルト9にて映画「髑髏城の七人」を観てきました!
とても、とても感動しました!

”感動”といっても、何か「感激する」或いは「泣かせる」物語であったから・・・という意味ではありません。
勿論、凄く良いストーリーであったのは当然!
ただ、そういった理屈抜きに、ダイレクトに、「心」が、「身体」が揺り動かされる感じ。
「心」の、「身体」の奥底から、色々なものがこみ上げてくるのです。

この映画は、同名の舞台演劇の映像を映画化したもの。
役者さん達の振り絞るような気迫!、ほとばしる感情!、吹き出す汗!・・・などなど「生」の映像が「これでもかっ!」というように、ぶつけられます。

冒頭から感情がスッと劇中に入り込み、「怒り」「興奮」「悲しみ」「切なさ」「喜び」などの気持ちが劇と同化して身の内から溢れ出す。

しかも、息もつかせぬ速度でストーリーが展開されるので、途中休憩15分を含め3時間強の上映時間の間、感情を揺さぶられ続けます!

観ている最中も、観終わった後も、自分の深奥にエネルギーの炎が明々と燃えるような映画です。
機会があったら、ぜひご覧ください! おススメです!


「ゲキ×シネ 髑髏城の七人」公式サイト
http://www.dokuro-jo.com/
【九宮八卦掌/横浜教室】
【日時】 毎週日曜日                            12:00~14:00               【場所】              『横浜ブロッサムスタジオ』            神奈川県横浜市中区太田町5-67第1須賀ビル5F          【講師】旺龍堂代表 小幡良祐          【内容】九宮八卦掌:基本功・套路・打法          【参加費】1回3,400円          【お問い合わせE-mail】         ryoken@gray.plala.or.jp     【参照サイト】旺龍堂HP http://ohryudo.com/
プロフィール

おばた

Author:おばた
小幡良祐
「旺龍堂」代表。
山西派車氏形意門「趙玉祥」老師の接代弟子。
中国武術「山西派車氏形意拳」・「九宮八卦掌」などを修行。
日中伝統武術協会理事。
中国武術国際高一級教練員
柔道弐段。
京都府生まれ。
東京都杉並区在住。
趣味は散策。
特に「森」好き。
[メールアドレス]
ryoken@gray.plala.or.jp
[YouTube動画]
3spiritsryoken

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。